y と g > 日々のこと > happy birthday to

2008年11月16日

happy birthday to

まあ、直接言えって話ですから、
直接言って日にち間違えてたのは、また別の話。


絵も音も小説も、どうにかできる環境じゃなくなったので
ちょっと、最近発見した小説書きに役立つ…かもしれない、プチ情報。

と、その前に
この前Eee pcの話を少ししてましたが、今日はDELLのミニノートをデオデオで眺めてました。
円高の煽りでSSDの値段の下落が熱いみたいで、ちょっと様子見です。
というか、いっそのことリコーの薄型ワープロ(印刷機分離型)をハードオフジャンク品1050円で買ってしまおうか、とわけのわからない感じです。
落ち着けオレ。


ふ〜〜〜っ



と、深呼吸したところで、
プチ情報に戻ります。


あらすじってのが苦手な人、それなりにいると思うんですが、
あらすじっていうのは結局のところ、述語なんです。


よく小説は、キャラか?ストーリーか?って質問がありますが。
まあ、答えは良くも悪くも両方なんでしょう。

そして、文章は名詞格か?述語か? って話になるわけです。

で、ストーリー(あらすじ)にとっては、圧倒的に述語が重要。
細かいことは金の取れる文章で書くとして、

自分が作ってる話の筋を、まとめたかったら視点者(主人公)の行動、つまり述語をピックアップしていけばいい。


話してみると、当たり前のことですが、意外と意識してないことなので
話作りの最中、何が問題なのか、迷ったり行きずまったりする時に、やってみた方がいいです。


細かく言うと、物語というのは、視点者、そして配役の成長ベクトルと親密(恋愛、友情、親愛)ベクトルの記号化です。
(さらにそれを取り巻く環境、組織などの世界観にも変化が生まれますが)

大体、そのなかで、お決まりのイベントの大元というのは

視点者が何らかの情報を得る
        目標を定める
        試みる、選択する
        結果が出る

の積み重ねで成り立っています

で、パターンというか
恋愛系だと

出会う 反感を持つ 誤解だと気づく
 触れ合う 障害にあう 協力して事に当たる
絆を意識する 裏切りに合う 秘められた事情を知る
結ばれる

みたいな流れ

ミステリー系だと

謎の死体 調べるほど不可解な事実 偶然のきっかけでひらめく
すべての謎が明らかに

バトル系だと

悪や障害が個人として具現化 挫折する 這い上がる 追い詰められる
最後の最後で何らかのきっかけ 個人を倒すと同時に、目的も達成される


ああ、話が細かくなるので、止めときましょう
書籍化したら買ってください


あらすじに使われる述語ですが、大体次のような系統に分かれます。

移動する(車に乗る、留学する)
絆、関係性が変わる(結婚する、同居が始まる)
個人の状態(死ぬ、病になる)
情報入手、流出(噂を聞く、秘密が知られる)
意思表明(怒る、告白する)
非日常動作(リストラされる、人を殴る)
日常動作(学校に行く、顔を洗う)
緊張(戦争に巻き込まれる。痴漢にあう)
開放(泳ぐ、踊る)
挑戦(試験を受ける、大会に出る、競争する)
獲得、喪失(伝説の剣を手に入れる、指輪を無くす)


とまあ、何か支離滅裂になってきたので、
そういうときこそ述語を見直して、

何が言いたいかというと


こういう、ことを書き留めたメモやノートの切れ端を、整理するような作業を
最近ずっと、オフラインでやっているという…


そういう報告でした^^

じゃ〜ね
© 早浪討矢 | Comment(2) | 日々のこと
この記事へのコメント
あ。
俺の誕生日だー(・∀・)

by 内田有紀
Posted by なつ at 2008年11月18日 07:46
ちなみに、僕の誕生日は
原田知世

「時かけ」つながりですね^^
Posted by 早浪 at 2008年11月19日 00:10
コメントを書く
お名前: [必須入力]


コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。