y と g > 日々のこと > ありゃりゃ

2009年03月07日

ありゃりゃ






なんかおすすめキーワードにもあがってたので
ジェネレーター系をひとつ

初恋の人からの手紙


tytrkekut.jpg


初恋の人から討矢さんへお手紙が届きました。

討矢くん、ひさしぶり。
今でもポニーテールに執着していますか?「ポニーテールじゃなきゃ女じゃない」と毎日私に言っていた討矢くんをなつかしく思います。

討矢くんに私が「何かドキドキしないのよね。最初からだけど」と冷たく言ってお別れすることになったあの日から、もう21年が経ったのですね。月日が流れるのは早いものです。

お手紙を書いたのは、何か伝えたいことがあるとか用事があるとかではないんです。ただなんとなく学校の前を通ったらなつかしくなって、思いつくままに書いてみようと思い立っただけなんです。ふふ。

思い返してみると、いつも恋愛の主導権を握っているのは討矢くんのほうでしたね。何を言っても言いくるめられたし、いつも夜に電話して泣かされていたから、寂しくて5人ぐらいキープをつくっていたような記憶があります。そういえば何を勘違いしたのか「おまえにはおれがいないとダメなんだよな」なんて言っていましたね。それを伝え聞いた学校の女子全員が爆笑していたのを覚えています。

あ、私って討矢くんにとって初恋の相手ですよね?そういえば討矢くんはなんだか最初から自信満々だった印象があります。初キスの後も「君はあっさりしたキスするんだね」って評論家みたいに言われたなぁ…。私が早めに終わらせたかっただけだったんですけどね(笑)。

私たちが付き合い始めたころ、討矢くんは「こんな気持ちになることはもう一生ない。ずっと一緒にいてくれ」と言ってくれましたよね。「それはちょっと・・・」と思ったりもしましたが、嬉しかったです。そういう口だけなところも討矢くんらしかったですね。

全体的に言えば、私は討矢くんと付き合えてよかったと思っています。あれでも討矢くんなりに一生懸命頑張ってくれたのだろうし、自分もだいぶ寛容さが鍛えられました。どうもありがとう。

いろいろ書きましたが、私は討矢くんが大好きでした。これからも討矢くんらしさを大切に、当時本気でやっていた宇宙人との交信も続けて(笑)、新しい誰かを幸せにしてあげてください。

またいつか会いましょう。では。

P.S. ゲーセン以外のデートコースを開拓しましたか?



**********


【短評】
素直な性格で女性の気持ちもよく分かる。心の壁があまりない。だが男らしく見られず、「いい人」で終わることも。
【あなたの恋愛事情を考察】
討矢くんさんは基本的に、優しさや物腰の柔らかさを持っていて、どちらかというと女性に多く見られる傾向だと言えるでしょう。卑屈なところがなく、特に傷ついた女性や、男性をかわいがりたいタイプの女性には人気があるかもしれません。

しかし大多数の女性にとっては、討矢くんさんはどうもドキドキしない雰囲気があり、男性的な部分をあまり感じません。好きな女性に優しくしていても、その女性がひどい男に振り回されて討矢くんさんのほうを全然見ていない、そんな悔しいこともあるのではないでしょうか。

冷たいタイプになる必要はないのですが、討矢くんさんはどこか相手に合わせてしまうクセがあり、主体性があまりないと言えるでしょう。

ここから言える、討矢くんさんにありそうな問題点を列挙します。

◆女性と友達のような関係になり、恋愛に発展しにくい。
◆しっかり者の女性を惹きつけるが、振り回されることも。
◆恋愛の主導権があまりないので疲れやすい。


*********



ありゃりゃ。
リアルに言われた言葉のオンパレードだね(^^ゞ

小説もこんな感じだし。


でも、気にしない。
それが早浪Style

ソニーみたいに改名しようかな?


ひとつだけ言い訳が…
>当時本気でやっていた宇宙人との交信も続けて(笑)、新しい誰かを幸せにしてあげてください。

宇宙人と交信してたんじゃなく、小説を書いてたんだよぉ
誰も幸せにしてないけど。
© 早浪討矢 | Comment(4) | 日々のこと
この記事へのコメント
 大爆笑しました。

 本気でやっていた宇宙人との交信……。
 評論家みたいに……。

 なんか、このあたり、ブログから匂ってくるので。 
Posted by 藤村香穂里 at 2009年03月07日 09:03
もっと作者キャラが認知されたら
さらにすごい世界にみなさんを招待できるのですが…^^

ライバルは
『ときめき☆うーみんナイト』
かな?
Posted by 早浪 at 2009年03月07日 21:53
うわぁ。
こういっちゃなんだけど、ゆーさんっぽい。
語弊があるな。
ゆーさんの小説っぽいに訂正します(笑)
Posted by 弥招 at 2009年03月07日 22:46
ぽいです。
御幣はないです。
あまりにネタっぽいので人様のも覗かせてもらいました^^

こういう書き方をすれば『Re:元気ですか?』の陽子も、もうちょっと共感させられたかとも思いつつ、主人公の空回り具合がちょっと弱くなるしなぁ。とも思いつつ。
舞台上で役者に笑わせるコメディーは柄じゃないんで。

でも正直、小説書くより思い出話を語ってるほうが読者は面白がるだろうなあという確信はあります。
得るものが少ないんでやらないですけど(^^ゞ
Posted by 早浪 at 2009年03月08日 06:36
コメントを書く
お名前: [必須入力]


コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。