y と g > 日々のこと > サブタイトル

2009年03月22日

サブタイトル

bbbb.png



連休だからといって連休じゃない職種の人である
私めも、wbcやら、wbcだとか、


それに加えて
wbc
なんてものがあるおかげで

バタバタしております。



ところで、

お気づきじゃない方も多いと思いますが。
このブログのサブタイトルは、今のところ

一億総発信者時代の物語論

ということになっております。
というわけで、今日は代替原稿というわけでも
ないですが、昔のテキストで埋め合わせ。

と言っても、大人の事情で初出だったと思うけど…


それでは、どうぞ(^^ゞ




【物語の骨子(ボーンフレーム)】



プロットなのかシノプシスになるのかわからないが
自分のやり方は

・なんらかの事件(普段と違う出来事)が起こる。
・それをきっかけに主人公が変化する。
という文章に構想を集約させる。

変化といってもパターンがあって
環境の変化(裕福になる。平和になる)
性格の変化(臆病者が勇気を出す。意地悪がやさしさを身につける)
知識の変化(見過ごしていたもの、知らなかったものを知る)
程度のもの。
「僕は、結局世の中なんてものは何も変わらないものだと”気付いた”」
なんて文学風味も含めて。

あとは、聞き手(読者)へのストロングポイント。

読者を誘い込み酔わせる。
   驚かせる。
   納得させる。

の三点を構想から抽出したり付加したりしてバランスをとる。
といってもあんまり複雑なことはしてなくて
普段から

もしXXが、〜だったら。
意外にもXXは〜だった。
こうしてXXは〜した。

という型の文面になるアイデアを小説やドラマ、ニュース世間話の中から抜き出しておいて、記号として配置していくだけ。
ドラえもんなんか様式化されていてわかりやすいと思うけど……

短編や一話完結連作だったら、オチは驚かせる納得させるを組み合わせて深さを出し、
連載だったら、納得と誘い込み(世界観)を組み合わせて、驚かせるのところでその回を終えるよう配置する。

これを体に染み込ませておけば、小説とはこうあるべきとかに縛られて小説が書けないなんて悩まなくても、その時その時興味の沸いた事柄をお喋りするように書き綴っていくだけだと思うんだけど。
ていうかほとんどの物語を構造化できる(つまり組み合わせを変えることによって合法的にパ○れる)
質がどうとか言われたら困るけど。




 …以上。手抜き記事

 略して"ぬきじ"でした。

 本当なら読者の欲求の満たし方。
 読書によって得られる快楽とは何か?

 何てことも、もちょっと書き込むべきでしょうが
 頼まれもしないのに、これ以上反発食らってもしょうがないので、書きません。

 それでは、ちゃお〜^^
© 早浪討矢 | Comment(2) | 日々のこと
この記事へのコメント
はい。参考にします。

ブログのデザイン、変わったんですね!
Posted by 香穂里 at 2009年03月22日 21:36
年上のひとの、心遣いが胸にしみます(ToT)/~~~

PCのデザインは、自分の目にやさしい仕様にしていますm(_ _)m
ケータイのほうは、SeeSaaが時々仕様変更するのですが、各キャリアのブラウザによって見え方が異なるので、
個人的には把握しかねてます。
問題があったら教えてください。

お仕事がんばってくださいね^^
Posted by 早浪 at 2009年03月24日 07:32
コメントを書く
お名前: [必須入力]


コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。