y と g > 日々のこと > 桜の森の満開の下4

2009年04月04日

桜の森の満開の下4

桜の森の満開の下
原作:坂口安吾


sakura5.jpg


 
「一人でも逃したら承知しないよ。ほら薮の陰に一人いるよ。山の上へも一人逃げて行くよ」
 
 新しい女房のその声に男は血刀をふりあげて山の林を駆け狂いました。
 たった一人逃げおくれて腰をぬかした女がいました。

 それはいちばん醜くて、ビッコの女でした。男が逃げた女を一人あまさず斬りすてて戻ってきて、無造作にダンビラをふりあげますと、
「いいのよ、この女だけは。これは私が女中に使うから」
 
「ついでだから、やってしまうよ」
「バカだね。私が殺さないでおくれと言うのだよ」
「アア、そうか。ほんとだ」
 
 男は血刀を投げすてて尻もちをつきました。
 疲れがどッとこみあげて目がくらみ、土から生えた尻のように重みが分ってきました。
 ふと静寂に気がつきました。

 とびたつような怖ろしさがこみあげ、ぎょッとして振向くと、女はそこにいくらかやる瀬ない風情でたたずんでいます。

 男は悪夢からさめたような気がしました。
 そして、目も魂も自然に女の美しさに吸いよせられて動かなくなってしまいました。
 けれども男は不安でした。
 どういう不安だか、なぜ、不安だか、何が、不安だか、彼には分らぬのです。

 女が美しすぎて、彼の魂がそれに吸いよせられていたので、胸の不安の波立ちをさして気にせずにいられただけです。
 なんだか、似ているようだな、と彼は思いました。

 似たことが、いつか、あった、それは、と彼は考えました。
 アア、そうだ、あれだ。
 気がつくと彼はびっくりしました。


 桜の森の満開の下です。


 あの下を通る時に似ていました。
 どこが、何が、どんな風に似ているのだか分りません。
 けれども、何か、似ていることは、たしかでした。

 彼にはいつもそれぐらいのことしか分らず、それから先は分らなくても気にならぬたちの男でした。
 山の長い冬が終り、山のてっぺんの方や谷のくぼみに樹の陰に雪はポツポツ残っていましたが、やがて花の季節が訪れようとして春のきざしが空いちめんにかがやいていました。

 今年、桜の花が咲いたら、と、彼は考えました。


 花の下にさしかかる時はまだそれほどではありません。
 それで思いきって花の下へ歩きこみます。
 だんだん歩くうちに気が変になり、前も後も右も左も、どっちを見ても上にかぶさる花ばかり、森のまんなかに近づくと怖しさに盲滅法たまらなくなるのでした。


 今年はひとつ、あの花ざかりの林のまんなかで、ジッと動かずに、いや、思いきって地べたに坐ってやろう、と彼は考えました。
 そのとき、この女もつれて行こうか、彼はふと考えて、女の顔をチラと見ると、胸さわぎがして慌てて目をそらしました。

 自分のはらが女に知れては大変だという気持が、なぜだか胸に焼け残りました。

 
 
 ★


 
 女は大変なわがまま者でした。

 どんなに心をこめた御馳走をこしらえてやっても、必ず不服を言いました。
 彼は小鳥や鹿をとりに山を走りました。
 猪も熊もとりました。
 ビッコの女は木の芽や草の根をさがしてひねもす林間をさまよいました。
 しかし女は満足を示したことはありません。

 
「毎日こんなものを私に食えというのかえ」
「だって、飛び切りの御馳走なんだぜ。お前がここへくるまでは、十日に一度ぐらいしかこれだけのものは食わなかったものだ」

「お前は山男だからそれでいいのだろうさ。でも私の喉は通らないよ。こんな淋しい山奥で、夜の夜長にきくものと言えば梟の声ばかり、せめて食べる物でも都に劣らぬおいしい物が食べられないものかねえ。
 都の風がどんなものか。その都の風をせきとめられた私の思いのせつなさがどんなものか、お前には察しることも出来ないのだね。
 お前は私から都の風をもぎとって、その代りにお前のくれた物といえばからすや梟の鳴く声ばかり。お前はそれを恥ずかしいとも、むごたらしいとも思わないのだよ」
 
 女の怨じる言葉の道理が男には呑みこめませんでした。
 なぜなら男は都の風がどんなものだか知りません。見当もつかないのです。
 この生活、この幸福に足りないものがあるという事実について思い当るものがない。
 彼はただ女の怨じる風情の切なさに当惑し、それをどのように処置してよいか目当について何の事実も知らないので、もどかしさに苦しみました。

 
 今迄には都からの旅人を何人殺したか知れません。
 都からの旅人は金持で所持品も豪華ですから、都は彼のよい鴨で、せっかく所持品を奪ってみても中身がつまらなかったりするとチェッこの田舎者め、とか土百姓めとか罵ったもので、つまり彼は都についてはそれだけが知識の全部で、豪華な所持品をもつ人達のいるところであり、彼はそれをまきあげるという考え以外に余念はありませんでした。
 都の空がどっちの方角だということすらも、考えてみる必要がなかったのです。

 
 女はクシだのこうがいだのかんざしだの紅だのを大事にしました。

 彼が泥の手や山の獣の血にぬれた手でかすかに着物にふれただけでも女は彼を叱りました。
 まるで着物が女のいのちであるように、そしてそれをまもることが自分のつとめであるように、身の廻りを清潔にさせ、家の手入れを命じます。
 その着物は一枚の小袖と細ヒモだけでは事足りず、何枚かの着物といくつものヒモと、そしてそのヒモは妙な形にむすばれ不必要に垂れ流されて、色々の飾り物をつけたすことによって一つの姿が完成されて行くのでした。

 男は目を見はりました。
 そして嘆声をもらしました。
 彼は納得させられたのです。

 かくして一つの美が成りたち、その美に彼が満たされている、それは疑る余地がない、個としては意味をもたない不完全かつ不可解な断片が集まることによって一つの物を完成する、その物を分解すれば無意味なる断片に帰する、それを彼は彼らしく一つの妙なる魔術として納得させられたのでした。

 
 男は山の木を切りだして女の命じるものを作ります。
 何物が、そして何用につくられるのか、彼自身それを作りつつあるうちは知ることが出来ないのでした。
 それは胡床と肘掛けでした。
 胡床とはつまりイスです。

 お天気の日、女はこれを外へ出させて、日なたに、又、木陰に、腰かけて目をつぶります。
 部屋の中ではひじ掛にもたれて物思いにふけるような、そしてそれは、それを見る男の目にはすべてが異様な、なまめかしく、なやましい姿に外ならぬのでした。

 魔術は現実に行われており、彼自らがその魔術の助手でありながら、その行われる魔術の結果に常に訝りそして嘆賞するのでした。

 
 ビッコの女は朝毎に女の長い黒髪をくしけずります。

 そのために用いる水を、男は谷川の特に遠い清水からくみとり、そして特別そのように注意を払う自分の労苦をなつかしみました。
 自分自身が魔術の一つの力になりたいということが男の願いになっていました。
 そして彼自身くしけずられる黒髪にわが手を加えてみたいものだと思います。

 いやよ、そんな手は、と女は男を払いのけて叱ります。
 男は子供のように手をひっこめて、てれながら、黒髪にツヤが立ち、結ばれ、そして顔があらわれ、一つの美が描かれ生まれてくることを見果てぬ夢に思うのでした。

 
 「こんなものがなア」
 彼は模様のあるくしや飾のあるこうがいをいじり廻しました。
 それは彼が今迄は意味も値打もみとめることのできなかったものでしたが、今もなお、物と物との調和や関係、飾りという意味の批判はありません。

 けれども魔力が分かります。
 魔力は物のいのちでした。
 物の中にもいのちがあります。
 
「お前がいじってはいけないよ。なぜ毎日きまったように手をだすのだろうね」
「不思議なものだなア」
「何が不思議なのさ」
「何がってこともないけどさ」
 と男は照れました。

 彼には驚きがありましたが、その対象は分らぬのです。
 そして男に都を怖れる心が生れていました。

 その怖れは恐怖ではなく、知らないということに対する羞恥と不安で、物知りが未知の事柄にいだく不安と羞恥に似ていました。
 女が「都」というたびに彼の心は怯え慄きました。

 けれども彼は目に見える何物も怖れたことがなかったので、怖れの心になじみがなく、羞じる心にも馴れていません。
 そして彼は都に対して敵意だけをもちました。
 
 何百何千の都からの旅人を襲ったが手に立つ者がなかったのだから、と彼は満足して考えました。
 どんな過去を思いだしても、裏切られ傷けられる不安がありません。
 それに気附くと、彼は常に愉快で又誇りやかでした。

 彼は女の美に対して自分の強さを対比しました。
 そして強さの自覚の上で多少の苦手と見られるものは猪だけでした。
 その猪も実際はさして怖るべき敵でもないので、彼はゆとりがありました。
 
「都には牙のある人間がいるかい」
「弓をもったサムライがいるよ」
「ハッハッハ。弓なら俺は谷の向うの雀の子でも落すのだからな。都には刀が折れてしまうような皮の堅い人間はいないだろう」

「鎧を着たサムライがいるよ」
「鎧は刀が折れるのか」
「折れるよ」
「俺は熊も猪も組み伏せてしまうのだからな」

「お前が本当に強い男なら、私を都へ連れて行っておくれ。お前の力で、私の欲しい物、都の粋を私の身の廻りへ飾っておくれ。そして私にシンから楽しい思いを授けてくれることができるなら、お前は本当に強い男なのさ」
「わけのないことだ」
 
 男は都へ行くことに心をきめました。

 彼は都にありとあるくしやこうがいやかんざしや着物や鏡や紅を三日三晩とたたないうちに女の廻りへ積みあげてみせるつもりでした。
 何の気がかりもありません。
 一つだけ気にかかることは、まったく都に関係のない別なことでした。

 
 それは桜の森でした。

 
 二日か三日の後に森の満開が訪れようとしていました。
 今年こそ。
 と、彼は決意していました。

 桜の森の花ざかりのまんなかで、身動きもせずジッと坐っていてみせる。
 彼は毎日ひそかに桜の森へでかけて蕾のふくらみをはかっていました。

 あと三日、彼は出発を急ぐ女に言いました。
 
「お前に支度の面倒があるものかね」と女は眉をよせました。「じらさないでおくれ。都が私をよんでいるのだよ」
「それでも約束があるからね」
「お前がかえ。この山奥に約束した誰がいるのさ」
「そ、それは誰もいないけれども、ね。けれども、約束があるのだよ」
「それはマア珍しいことがあるものだねえ。誰もいなくって誰と約束するのだえ」
 
 男は嘘がつけなくなりました。
 
「桜の花が咲くのだよ」


「桜の花と約束したのかえ」
「桜の花が咲くから、それを見てから出掛けなければならないのだよ」
「どういうわけで」
「桜の森の下へ行ってみなければならないからだよ」
「だから、なぜ行って見なければならないのよ」

「花が咲くからだよ」
「花が咲くから、なぜさ」
「花の下は冷めたい風がはりつめているからだよ」
「花の下にかえ」
「花の下は果てがないからだよ」
「花の下がかえ」
 
 男は分らなくなってクシャクシャしました。

 
「私も花の下へ連れて行っておくれ」
「それは、だめだ」男はキッパリ言いました。「一人でなくちゃ、だめなんだ」
 
 女は苦笑しました。

 男は苦笑というものを始めて見ました。
そんな意地の悪い笑いを彼は今まで知らなかったのでした。
 そしてそれを彼は「意地の悪い」
 という風には判断せずに、刀で斬っても斬れないように、と判断しました。

 その証拠には、苦笑は彼の頭にハンをおしたように刻みつけられてしまったからです。
 それは刀の刃のように思いだすたびにチクチク頭をきりました。
 そして彼がそれを斬ることはできないのでした。

 
 三日目がきました。
 彼はひそかに出かけました。


 桜の森は満開でした。

 一足ふみこむとき、彼は女の苦笑を思いだしました。
 それは今までに覚えのない鋭さで頭を斬りました。

 それだけでもう彼は混乱していました。
 花の下の冷めたさは涯のない四方からドッと押し寄せてきました。
 彼の身体はたちまちその風に吹きさらされて透明になり、四方の風はゴウゴウと吹き通り、すでに風だけがはりつめているのでした。

 彼の声のみが叫びました。
 彼は走りました。

 何という虚空でしょう。

 彼は泣き、祈り、もがき、ただ逃げ去ろうとしていました。
 そして、花の下をぬけだしたことが分ったとき、夢の中から我にかえった同じ気持を見出しました。


 夢と違っていることは、本当に息も絶え絶えになっている身の苦しさでありました。



© 早浪討矢 | Comment(0) | 日々のこと
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]


コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。