y と g > 日々のこと > 草食男子の口説き方

2009年04月14日

草食男子の口説き方

どうも今晩は。元草食男子です^^
じゃあ、今は何なんだってことを聞かれると装飾男児かな?

というわけでNECより先に「聞いて見て楽しいブログ」を開発せねば… という意気込みで多忙な日々を過ごしております早浪ですが、 みなさんいかがお過ごしですか?


ところで、何でまた今日はこのタイトルかと申しますと、
昨日某コンビニでたまたま、少女マンガ雑誌を落っことしまして、
少女マンガにはまったくもって詳しくないので、普段目を通すこともないので
それが、ショーコミなのか花とゆめなのか、はたまたデザートなのか別冊フレンドなのか、さりとて別冊マーガレットなのかさもありなん実はりぼんだったのか、全然定かではないのですが(いや、マジで)

たしかA5サイズだったと記憶してるんですが。

その中に、付録の薄い別冊マンガがおまけに付いてまして。
ひょんなことから、そのA5雑誌を棚から落とした拍子に、そいつがコンビニの床をササーーーツと滑りまして、店員さんの冷たいつくり笑いに対して、
「いやぁ、ワックスの効いた手入れの行き届いた床ですねぇ」なんて答える余裕もなくあわてて拾いましたところ、その付録の表紙に描かれたタイトルが


「草食男子の口説き方」



だったわけです。はい。


でまあ、そんなことはどうでもいいんですが。
じゃあ、何でそんなどうでもいいこと書くんだ?なんて聞かれますと、

おいおい、このブログにどうでもいいこと以外に何を書けって言うんだあぁぁああ!
と叫びたくなるので本題に入りますが。

それにしても最近あったかいですね。
4,5日前にニュースの天気予報で、四月下旬並みの陽気です。
なんて言ってましたが。

それって、
「お若いですね、肌にみずみずしさと張りがあって、失礼ですが年齢は?」
「28です」
「へー、とてもそんな風には見えませんよ、まだ26くらいにしか思えません」
なんて小噺とどっか似てるなと思いつつ、そんな長い独り言をテレビに向かってつっこむ訳にも行かず、心のやり場がないときに心の中で鳴り響いたメロディーがこの曲。




ま、サマータイムというほどでもないですけど。
ジャニスジョップリンですな。


で、まあ。
またまた本題からそれてるついでに、も一つ別の話をしますが。

最近jarisというOSに興味があります。
なんでもlinux風なんですがwindowsアプリがたいした設定もせずにほぼ使えるとか。
オフィスでさえCDから読み込んでプロダクトキーを入力するだけという。

そいつを2GほどのUSBに入れてしまえば、ハードディスク関連が不調で起動しなくなったPCを普通に使えるようになるだとかならないだとか……


ま、その続きはまた別の機会にすることにしまして。
今日は元草食男子が語る。草食男子の恋愛の傾向でしたね。

だいたい草食男子をどう小説に表現して行くかってことなんですが。
個人的には、江戸っ子の照れ隠し的ぶっきらぼうを昨今のツンデレフィルターに掛ければいいと思うんです。
じゃあ、具体的にどうなんだ? って話になるわけですが。

そうなってくると、もうストレートに僕の恋愛話を語ったほうが早いわけで。

そもそも、僕がはじめてある女の子に対する感情を、恋だと認識したのは、小学校3年生の春休み…

え、何々?
紙面が足りないって?


それでは、今日はこの辺でm(_ _)m
じゃあニー(^_^)/~

© 早浪討矢 | Comment(4) | 日々のこと
この記事へのコメント
ゆーさんおひさ(▽゜)ノ

マシンガントークですねwゆーさんがこんなに喋るのって珍しい!
草食男子、聞いた事はありますがどういう意味なのか知りませんwゆーさん知ってますか?知っていましたら教えて下さい。
少女漫画ってそんなにあるんですねwゆーさん少女漫画に詳しいんですか?

それではまたー☆
Posted by ランデブー at 2009年04月15日 08:25
おしゃべりというか、今、お絵かきを封印してるので、表現欲求がこういう形で噴出したのかな?

草食男子の定義は
「協調性が高く、家庭的で優しいが、恋愛に積極的でないタイプ」
「新世代の優しい男性のことで、異性をがつがつと求める肉食系ではない。異性と肩を並べて優しく草を食べることを願う、草食系の男性のこと」
らしい。

オタク系内向的男子キャラへのアンサーパートナーがツンデレ女子とするならば、草食男子のアンサーパートナーは腐女子になるのか、肉食ギャルになるのか???

少女マンガはくわしくないねえ。
NANAでさえ読んでないし。

のだめくらいかな。

じゃあ、またまた。
どしどし、おいでませ〜^^
Posted by ゆー at 2009年04月15日 22:53
ブログ拝見させて頂きました。

実は、美女の心をコントロールする方法 に関して目からうろこの情報があったので、ご参考になればと思い、コメントしました。

女性の気持ちを本能レベルでコントロールできれば、手の届かなかった女性を落とせるかもしれません。
Posted by なお at 2009年05月29日 14:14
「あなたのお父さんは亡くなって、いませんね」
 テーブルトリックは指先の芸じゃなく話術だ。としばしば言われますが。
 人の心理を誘導し、さも自らが選択したかのように思わせる技術は、

 それを使う人間の心構えによって、自らを高めることにも、身を滅ぼすことにもつながります。
 あなたは、小説を書くべきなのでは?


 という説得は、確かに反感買いますよね。
 
Posted by 早浪 at 2009年06月02日 00:54
コメントを書く
お名前: [必須入力]


コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。